アコム 延滞

 

支払日にどうしてもお金が用意できなくて返済が遅れそうな場合はどうすればよいか?

 

予定外の出費があったりで、返済日に入金ができない場合に一番よい方法は

 

支払い日の前日に「アコムに返済が遅れそうと連絡することです」

 

 

例えば返済が2,3日程度の遅れであれば、必ずその日に入金するように約束をし
実行すれば規定の延滞金は発生しますが大きな問題にはなりません。

 

家や職場に連絡がくるようなことはありません。
はがき等がくるということもありません。

 

 

ここがクレジットカードのキャッシングの返済と大きく違うとこころなのです。

 

 

クレジットカードのキャッシングの返済日に口座からの引き落としができない場合は
自動的にセンターに「引き落とし不能」の連絡がはいり、延滞連絡のハガキが作成されます。

 

また、翌日に即入金をしたとしてもハガキはきます。
これは自動的に作成されますからどうしようもありません。

 

つまり、クレジットカードのキャッシングを利用して延滞したら
延滞のハガキ、領収書のハガキが時間差できますから
家族に内緒でキャッシングをしていれば家族にバレる可能性は大きいといえます。

 

アコムは連絡さえすればこのようなことはありませんが
約束した期日に入金の確認ができなく、
連絡も取れなければハガキもしくは封書が届きます。

 

 

アコムに約束した日に入金していなければ翌々日には必ず電話がきます。

 

 

なぜ翌々日なのかはATMで24時までは入金ができるので
入金確認は返済の約束期日の次の朝9時過ぎになるからです。

 

入金の確認ができなければ、マジですぐに電話がきますよ。

 

 

 

この時アコムはまず連絡が取れる携帯等に電話をし
携帯で連絡がとれなければ
職場や家の電話に入金の確認がとれない旨の連絡がはいり
督促されます。

 

くれぐれも、その場しのぎで適当な事を言ってはいけません。

 

約束した日にもお金が用意できない場合はどうすればよいか?

 

返済日に入金ができないことが分かっていて
数日後にも入金できるアテもないのに
その場しのぎで返済期日を約束し
約束日に入金できないというのはとっても悪いパターンです。

 

次の月の給料日までお金が入ってくるアテがないのであれば
アコムにその旨を伝えるのがベストです。

 

アコムは「お利息がいくらでプラス数千円のご入金をお願いしたい」と言いますから
必ずその金額を支払って下さい。

 

大抵は利息プラス数千円になります。

 

例えば、20万借りていて返済金額が15000円だった場合
15000円の入金ができなければ
利息の2958円だけ払えばよいのですが
プラス数千円の入金になると思います。

 

(200000 × 0.18 ÷ 365 × 30 = 2958円(30日計算))

 

この数千円の支払いが無理なら
利息だけの入金しかできないので
それをアコムに言わなければならないというこです。
ただし、この方法は何回も使えません。

 

 

肝心なことは延滞しそうならアコムに連絡をして指示を受けるということです。

 

延滞情報は信用情報機関に記録され
入金確認と同時に「延滞解決」にはなりますが
延滞したという事実は記録されます。

 

 

アコムでは返済日の3日前と返済日の当日にメールをするサービスをしています。
(土・日・祝日を除いた3営業日前)
ACサービスというもので契約時にアコムから「こういったサービスがございます」と案内されます。