ブラック ホワイト

 

信用情報機関に蓄積される個人の信用情報はホワイト情報とブラック情報があります。

 

ホワイト情報というのは購買データや残高などの良好な情報をいい、ブラック情報というのが延滞などの事故情報をいいます。

 

ブラックリストというのはこの情報のことをいいます。

 

延滞が3カ月続くと個人の信用情報には「異動」と印字され、CRINと呼ばれる個人信用情報機関同士の交流リストに流れるのです。

 

債務整理もCRINで情報交換されています。

 

5年で消えますけど・・・・

 

だけど、アコムでの金融事故情報は一生消えません、というか、消さないです。

 

 

改正賃金業法ではホワイト情報も交流すべきという提案がされましたが、前回の法律改正ではこの案は保留となったのですが、今年の法律改正ではどうなるかわかりません。

 

アベノミクスでは賃金業法を緩くするという話もあるようですが、個人信用情報についてはすべての情報を共有する案も一緒に提出されているようです。